ヒアルロン酸の基礎知識

| 未分類 |

ヒアルロン酸の基礎知識をまとめます。最近、サプリなどで人気のヒアルロン酸ですが、ヒアルロン酸の基礎知識を学んで、

身体によいヒアルロン酸の取り方を考えてみましょう。ヒアルロン酸は、人間の身体の中にも存在しています。

皮膚や関節、脳などにもたくさんあります。アメリカのカール・マイヤー博士によって、牛の目の硝子体から分離することに成功しました。

はじめは、関節炎に効果があるというので、点眼剤や関節炎の治療に使われてきました。

その後、化粧品にも使われるようになりました。ヒアルロン酸は、ヘソの緒や、ニワトリのとさかから、取り出すことができます。

また最近では、乳酸菌などから培養する方法が確立されて、大量生産品の場合、こちらのヒアルロン酸が使われていることが多いです。

ところで、ヒアルロン酸がなぜ、広く化粧品などに使われるようになったのでしょうか。

ヒアルロン酸は、少しの量で多くの水分を保水できると言われているからです。

化粧水などの化粧品に使われるのは、その保水力で、主に乾燥をふせぐことができると考えられています。

ヒアルロン酸はそのままでは吸収がよくないということで、吸収しやすい形のヒアルロン酸の開発が進みました。

吸収しやすいヒアルロン酸は、保湿力が少し弱いということで、それを補う成分が化粧品には一緒に入っています。

ヒアルロン酸の基礎知識をまとめてみました。どんどん良いものへ開発されていますので、

保水力のある吸収しやすいヒアルロン酸を期待して待っています。