サプリメントなどの商品

| 未分類 |

ヒアルロン酸の基礎知識を説明します。ヒアルロン酸の語源は、

硝子体をあらわすギリシア語のヒアロイドと多糖体の構造単位であるウロン酸から来ています。

国際命名法ではヒアルロナンという名称が使用されていますが、美容整形や化粧水、

サプリメントなどの商品では一般的にヒアルロン酸という呼び名で呼ばれているのがヒアルロン酸の基礎知識のひとつです。

ヒアルロン酸の基礎知識として、ヒアルロン酸が持つ効果について説明していきます。

ヒアルロン酸はまず保水力を持っています。皮膚の表面の表皮のしたにある真皮という部分にヒアルロン酸は多く含まれています。

加齢によってヒアルロン酸が減少すると、肌の水分が十分に保てずにしわ、たるみ、乾燥肌を引き起こします。

よって、美容整形の分野では肌の劣化に対してヒアルロン酸が注射、注入されることが多いです。

ヒアルロン酸は皮膚以外でも眼球や関節液、血管に多く含まれています。

ヒアルロン酸は分子の大きさによって異なる種類を持ちます。

美容整形でヒアルロン酸を使う場合は、体の箇所や状態によって分子の大きさの異なるヒアルロン酸を使います。

ヒアルロン酸は一般には分子量が小さければ吸収が早く、大きければ体内に残りやすいという性質を持っています。

よって、粒子が大きければ頬やこめかみなどに、粒子が小さければ小じわといった箇所にそれぞれヒアルロン酸を注入することが多いです。

その他、ヒアルロン酸には人口のものと天然のものなどもあります。