胎児の時から体内に存在

| 未分類 |

ヒアルロン酸の基礎知識についてですが、そもそもヒアルロン酸とは鶏のトサカから発見された分子量80から200万の高分子です。

人間の身体上には、真皮、関節液、関節軟骨、椎間板などに多く存在しています。

ヒアルロン酸は胎児のときが最も体内に存在しており、30代以降から徐々に減少し始め、40代以降では急速に体内から減少していきます。

ヒアルロン酸は化粧品などに保湿成分として入っているほかに治療薬や顔面のしわやたるみの修復剤として利用されています。

健康食品に配合されていることも。ヒアルロン酸の基礎知識の一つになぜ、こんなにもヒアルロン酸が注目されているのかというと、

1グラムのヒアルロン酸は、6リットルもの水分を保持するといわれており、とても優れた保湿能力をもっています。

ヒアルロン酸はとても大きな分子が多数結合していて、そのひとつひとつが水ととても相性がよく、

大量の水分を保持できることから保湿成分として注目されています。

ヒアルロン酸はもともと、体の真皮層に存在するムコ多糖類の一種であり、皮膚細胞間にあるムコ多糖類であるヒアルロン酸には、

水を流しやすい性質があるため、水分や栄養など、新陳代謝の産物の経路として重要な役割を持っていると考えられているのです。

あと美容以外のヒアルロン酸の基礎知識については、医療全般でもよく使用されており、ヒアルロン酸注入により、関節組織の被膜、

軟骨の代謝改善、変形性関節症の治療に効果が認められてます。

そのため、スポーツ障害として野球肩、水泳肩の治療にも効果があったという事例が報告されています。